筑西市玉戸にある長倉内科・外科クリニックの院長をご紹介いたします

院長紹介
内科
外科
消化器内科
乳がん検診
乳腺疾患
肛門疾患
胃カメラ
禁煙外来
禁煙外来
健康診断
予防接種
携帯サイト
患者の気持ち

院長紹介


院長(医学博士) 長倉 成憲

ご挨拶

拝啓


 寒冷のみぎり、皆々様におかれましてはますます御清祥のこととお喜び申し上げます。

はじめまして、長倉成憲(ながくら しげのり)と申します。筑西市藤ヶ谷出身です。

 さて、このたび故郷である筑西市に「長倉内科・外科クリニック」を開院する運びとなりました。

 新潟大学卒業後は新潟大学第一外科に入局し、新潟大学病院および関連病院で研修を積みました。平成16年に水戸済生会総合病院消化器外科・乳腺外科に部長として着任し、胃癌・大腸癌・肝臓癌・膵臓癌などの消化器癌および乳癌の診療に従事してまいりました。

 この間、医師不足や医師の都市部への偏在などにより、地方における地域医療が非常に疲弊してきているのが実感されました。茨城県においても県南地区や水戸市周辺を除けば、医師不足は明らかです。筑西市をはじめとする県西地区も例外ではありません。

 この現状に対して、私自身が少しでも故郷に恩返しをする事は出来ないだろうかと数年前より考えておりました。いろいろと思案した結果、微力ではあっても地域医療に全力を尽くす事が自分に出来る最善の道であるとの結論に至りました。

 高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、呼吸器疾患をはじめとする成人病の治療および予防、胃がん検診や乳がん検診などのがん検診を通して、地域住民の皆様の健康維持に取り組む所存です。

 特に最近は、若年者の乳癌が増加しております。40歳前後で進行乳癌になり、命にかかわってしまうような場合、まだお子様が小さかったり、治療と家事との両立も問題になります。これが35歳を過ぎたら、乳がん検診を受けた方が良いとされる理由です。

 もちろん、カゼや切り傷なども、ささいな疾患として扱うことなく丁寧な診療を心がけてまいります。結果として、幸町・玉戸・西方周辺、犬塚・藤ヶ谷などの近隣地区のみならず筑西市周辺全域の地域医療に少しでもお役に立てるように努力してまいります。

 かかりつけ医としては、まだまだ未熟で至らない点も多々あるとは思います。しかし、皆様方にかかりつけ医として利用していただく事が私自身の成長につながり、ひいては皆様方の健康に少しでもお役に立てるのではないかと考えております。

 スタッフ一丸となって、地域医療に貢献していく所存ですのでよろしくお願いいたします。

 まずは書中をもちまして御挨拶を申し上げます。


敬具
平成26年1月吉日

経歴

昭和57年 筑西市立(旧関城町立)関城東小学校卒業
昭和63年 私立茗溪学園高等学校卒業
平成6年 新潟大学医学部卒業
新潟大学第一外科学教室入局
以後、新潟大学病院および新潟市民病院、長岡赤十字病院などの関連病院にて外科診療に従事
平成16年 水戸済生会総合病院に消化器外科・乳腺外科部長として着任
平成26年 長倉内科・外科クリニック開院

学会・資格(含、過去分)

  • 日本外科学会 認定医、専門医、指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医、指導医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本乳癌学会 認定医
  • 日本人間ドック学会 認定医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医、暫定教育医
  • 乳がん検診マンモグラフィー読影認定医
  • 乳房超音波検査認定取得医
  • 日本医師会認定 産業医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会
  • 日本外科感染症学会
  • 医学博士